乾燥肌はどうやって対策していけば良いのだろうか

肌の乾燥・解消法について

夏が終わり、秋になると乾燥肌の方々は肌の変化で季節の移り変わりが分かるのではないでしょうか?
肌の乾燥を防ぐにはどう言う方法があるのでしょう。
まず一番簡単で手っ取り早く浮かぶ方法としては、タップリの化粧水を肌にパッティングし、その上から乳液や美容液をつける方法です。

この時、高価な化粧水を少しずつ使うよりも、安くてもいいのでタップリと肌に吸収させる必要があります。
化粧水が肌に浸透したと感じたら、もう一度化粧水をパッティングするとよりいいです。
その後、乳液を塗り、肌に浸透した水分に蓋をします。この時の乳液は薄くてかまいません。要は脂分で水分が蒸発しないように蓋が出来ればいいわけです。

外側からはこの様にすればよいのですが、もっと確実に乾燥を防ぐ肌質を変える方法があります。
それは食事です。現代の食事内容は糖質過多・カロリー過多・栄養減のエンプティカロリー状態です。

細胞や肌、毛髪、血、骨・・・体の全てを構成している物は何だかご存知ですか?それはたんぱく質です。
たんぱく質が足りないといくら外側から保湿をしても、一時的なものに過ぎず、根本解決にはなりません。
毎食しっかりとたんぱく質を取る必要があります。体重50キロの人が一日にどれくらいのたんぱく質が必要かというと、大体50グラムです。これは、例えば牛肉100グラムを食べたとすると、実際のタンパク質量は9グラムほどなので、一日に取る量は相当あり、意識しないとクリアしない量になることが分かると思います。しかし、しっかりとたんぱく質を取り入れる食生活を送ると、肌質も自然としっとりして来る事が実感できるでしょう。
[PR]
by pontakosh | 2013-10-17 23:16
<< スキンケアを変えて冬の乾燥に負...



乾燥肌はどうやって対策していけば良いのかを書いていきます
その他のジャンル
最新の記事